文化・イベント情報 第62号 2013年夏号

  • 2013.08.30 Friday
  • 02:32
文化・イベント情報

◇吉川 静子 絵画個展のお知らせ◇

作品シリーズ『マイシルクロード』および『鼓動』より新作発表

期間:2013年8月29日(木)今秋期アートシーズンの初日
〜9月28日(土)16時まで

オープニング:8月29日(木)17時〜
会場:Galerie RENEE ZIEGLER
   Raemistrasse 34, 8001 Zuerich
   Tel 044 251 23 22 / Fax 044 251 25 46
   z1@galerieziegler.ch

行き方:トラム3番、5番、6番または市バス31番を利用。Kunsthaus下車。広場に面したSchauspielhausのある建物3階。

開館時間:水〜金曜14時〜18時、土 11時〜16時
インフォ:
www.artnet.com/galerieziegler.html
www.shizukoyoshikawa.ch

*******************

◇チューリッヒ書道教室10年記念展示会◇

チューリッヒ近在の方、通信で勉強している方、小学生、高校・大学生、若手の二世、子育てに忙しい主婦、子育てを卒業した主婦、スイス人、シチリア出身のイタリア人。書道で結ばれて10年になります。10年を記念して展示会を開きます。



期間:2013年9月14日(土)〜9月29日(日)
   ただし9月23日(月)閉館
会場:在スイス日本国大使館 広報文化センター

   Engestrasse 43, 3012 Bern
   Tel. 031 305 1570
行き方:国鉄ベルン駅よりバス21番(Bremgarten行き)を利用。
4つめの停留所Innere Enge下車。
降りてバス路線を100 m程戻ると広報文化センター。

開館時間:月・火・水 13時30分〜17時
 木・金   13時30分〜19時
 土・日   11時30分〜17時(最終日のみ16時まで)

ヴェルニサージュ:9月15日(日)15時〜
賛助出品:書芸白羊会会長 浮乗清郷先生、末常照子先生(日展入選)
キルティング Purcell Takako
ジョイント・イベント: 9月21日(土)14時30分〜
『着物の歴史』 向 宗由先生
主催:チューリッヒ書道教室指導 師範 小池田芳華(Hiltpold Masami)
協力:在スイス日本国大使館
*******************

◇北村忠 写真個展 日本"風流曼荼羅" Vol. 1◇(写真)
 Japan *Fuuryu-Mandara (Fuuryu: Gluecklicher Zufall)
 Steht die Zeit still, beginnt das Licht zu leuchten. Vol. 1
 Fotoausstellung von Tadashi Kitamura

期間:2013年9月21日(土)〜11月2日(土)
会場:Bistro am See, GZ Wollishofen
   Bachstrasse 7, 8038 Zuerich)
開館: 月〜金 12:00〜17:30
   土 11:00〜14:00
   日 10:00〜17:30

ヴェルニサージュ: 2013年 9月 21日(土) 17時00〜20時00
問い合わせ: tadashi.kitamura@bluewin.ch
       043 343 12 34
詳しくは、下記のホームページをご覧ください。
www.taiji-zuerich.ch  (独語)

(ご挨拶)
太極拳活動を通して、チューリッヒに住んで30年の北村です。そんな私が、写真家として、祭りと行事をおいかけ、日本中、北は北海道、南は九州沖縄と取材の旅をしていた時期があります。メディアを念頭において撮影したカラー原稿とは別 に、その対極にある白黒写真原稿。個人の表現手段 としてのモノクロ写真の価値は、当時も今も変わっておりません。今回は日本をテーマにした写真展です。

日本全国でとらえた一瞬一瞬。それらのひとつひとつの独立した写真が、まったく別の写真と一緒になることで、ひとつの曼荼羅絵図ができ上がる…そんな手法で、私なりの日本を表現してみました。そして、この日本"風流曼荼羅" は今後長く続くシリーズの第一弾です。併せて、「日本の祭り」も展示いたします。

北村 忠
043 343 12 34
tadashi.kitamura@bluewin.ch
taiji-zuerich.ch

*********************
グループ展
期間:2013年10月20日(日)〜11月24日(日)
オープニング:2013年10月20日(日)17時〜
ご挨拶:Franziska Amstad

会場:Galerie am Leewasser Brunnen
   Eisengasse 8, 6440 Brunnen
   www.galerie-am-leewasser.ch
出展:
Juerg C. Baechtold(彫刻) www.jcbaechtold.com
Charly Iten (絵画) www.charlyiten.ch
Heidy Wirz (彫刻 ) www.heidywirz.ch
クロッペンシュタイン翠秀(書、墨象) www.suishu-klopfenstein.ch
開館時間:水〜土 14時〜22時
 日  14時〜18時

<講演会>
グループ展の期間中、講演会が開かれます。
日時:2013年11月3日(日)午前11時より
講師:エドゥアルド・クロッペンシュタイン チューリヒ大学名誉教授
テーマ:谷崎潤一郎「藝談」、谷川俊太郎「クレーの天使」について

◇朗読劇 「オツベルと象」◇
作・宮沢賢治
朗読劇・ダンス 押川恵美Geis
技術・白崎泰子
ドイツ語字幕付き

入場無料
日時:2013年10月19日(土)17時〜17時30分
会場:Ital Reding-Haus Schwyz
   Rickenbachstrasse 24, 6431 Schwyz

行き方:国鉄Schwyz駅よりSchwyz Post行き利用。約5分、Schwyz Post 下車。
徒歩5分

5人のアーティストの展覧会のフィニサージュを賢治の世界が飾ります。
「オツぺルときたら大したもんだ。稲核機械の6台も据え付けて、のんのんのんのんのんのんと…」

5人のアーティスト展5 Kuenstlerinnen im Dialog
期間:2013年6月23日〜10月19日
会場:Ital Reding-Haus (www.irh.ch)
開館:火〜金14時〜17時、土・日10時〜12時、14時〜17時

◇尺八コンサート

日時:2013年8月25日(日)15.00〜
会場:Zuercher Hochschule der Kuenste
Grosser Saal, Florhofgasse 6, Zuerich
行き方:チューリッヒ中央駅前広場からトラム3番(Klusplatz行き)を利用。二つ目の停留所Neumarktで下車。進行方向に進み、最初の左へ曲がる道Florhofgasseをやく100 m進むと左側に芸術大学がある。

プログラム:尺八のための古典曲Klassische Kompositionenfür die japanische Flöte
奏者:Ueli Fuyuru Derendinger
   Wolfgang Fuyugen Hessler
   Dieter Zuisho Nanz
   Ursula Fuyumi Schmidiger
   Juerg Fuyuzui Zurmuehle

入場料: 25.- / 20.- CHF
主催:Shakuhachi Gesellschaft Schweiz
   www.chikuyusha.ch

◇Golay由美・竹下数雄 リサイタル Summertime 2013(写真)
 ウエストサイド物語、キャッツ、オペラ座の怪人など、おなじみのミュージカルの名場面を Golay 由美(ソプラノ)、竹下数雄(テノール)の二人が競演。一時間半にわたって思い切り満喫できるコンサートです。

日時:2013年8月18日(日)16時〜
会場:Ref.Kirche Buchberg
   Dorfstrasse 46, 8454 Buchberg
日時:2013年8月25日(日)16時〜
会場:Kath.-Kirche Buelach
   Scheuchzerstrasse 1
   8180 Buelach
日時:2013年8月31日(土)19時〜
会場:Lavaterhaus
   St.-Peter-Hofstatt 6
   8001 Zuerich
出演: Golay 武津由美(ソプラノ)
   竹下数雄(テノール)
   Zenon Cassimatis(ピアノ)
   Detlev Harder(司会)
入場無料:Kollekte
   www.yumigolay.ch
********************

MICHIKO TSUDA MUSIK TREFFEN 2013年
◇津田理子ピアノリサイタル
日時:2010年8月23日(木)19時30〜
場所:Kleiner Tohnhallesaal Zürich(チューリッヒ・トーンハーレ小ホール)
プログラム:バッハ、シューベルト、ドュビッシー、グラナドス

◇アンサンブルの夕べ(Ensemble-Abend)
 フルート 三上明子、コントラバス Francisco Obieta、ピアノ 津田理子
日時:2010年8月27日(火)19時30分〜
プログラム:Giovannni Bottesini、Francisco Obieta、Bela Bartok-Paul Arma、H.Francis Poulenc、武満徹

*三上明子
*Francisco Obieta
 www.obieta.ch/

予約:
Tonhalle 044 206 34 34
Migros City 044 221 16 71
Hug 044 269 41 00
Kecklin 044 253 76 76
Jelmoli 044 220 44 66
www.michiko-tsuda.com
*******************

2013年秋季学期 ユング心理学公開講座のお知らせ
2013年9月3日〜2013年12月7日
ISAPZURICHにて行われる様々な講義とオープンセミナー(英語またはドイツ語)は一般の方々にも聴講、参加していただくことができます。予約は要りません。入り口で聴講費30Fr.をお支払い下さい(20Fr.学生、AHV/IV)。内容、日時など詳しくは下記ホームページをご覧下さい。

今学期の特別講義シリーズのテーマは「Synchronizitaet und das Unerwartete / Synchronicity and the Unexpected」です。また恒例のチューリヒレクチャーシリーズは、ユング派分析家の河合俊雄による"Haruki Murakami and Japanese Medieval Stories -- Between Pre-Modern and Postmodern Worlds --" です。

ISAPZURICH
International School of Analytical Psychology Zurich
Hochstrasse 38, 8044 Zuerich
Tel: 043 344 00 66, Fax: 043 266 56 19
www.isapzurich.com

********************
◇美術館探訪◇
ベルン歴史博物館 特別展「秦 ─ 不死の皇帝と兵馬俑 ─」

◇「秦 ─ 不死の皇帝と兵馬俑 ─」特別展(ベルン)
 「Qin – Der unsterbliche Kaiser und seine Terrakottakrieger」

1974年春、乾期が始まる頃、陝西(Shaanxi)省、西安(Xi’an)の東北約40 kmの臨潼(Lintong)で、農民たちは井戸掘り作業をしていた。すると、振り下ろした鍬(くわ)の先に硬いモノが当たった。掘り出してみると、なんと人間を象った素焼きの破片だった。考古学専門家が駆けつけ調べると、それは、秦の始皇帝陵を護る兵士の俑であることが分かった。こうして、まったくの偶然から、世紀の大発見となった。

その後、発掘が進み、想像を絶する巨大な秦の始皇帝陵と地下宮殿、周囲を取り巻く兵馬俑坑など2万平米の広がりを持つ巨大な遺跡群が白日の下に晒されることになった。

秦の始皇帝(紀元前259年〜210年)については、中国の歴史書、司馬遷(Sima Qia)の『史記』によって、ほぼその治世が知られていたものの、1974年の発見まで考古学的に実証されていなかった。

約8,000の兵馬俑が発掘された坑に加え、180余りの遺跡群の坑が発掘され、そこからは役人、音楽・芸術家、鳥類、武器などの俑が発見されている。過去の考古学発掘の経験から、遺跡を開くと遺物の破損や色の変質が急激に進むことから、秦の始皇帝陵自体の発掘は現時点でまだ行われていない。保存方法が確立したら発掘されるだろうが、陵墓自体の発掘が行われたら、2000年前の始皇帝の真実の姿が完膚なき形で明らかになるに違いない。

現在、ベルン歴史博物館で開かれている「秦 ─ 不死の皇帝と兵馬俑 ─」特別展では、その考古学上の最大規模の発見のひとつが、目の当たりに見られると言う点で、必見の特別展だ。秦の始皇帝といえば、中国の国家統一を成し遂げ、貨幣、漢字を統一し、度量衡を導入し、強力な中央集権制を強いたこと、さらに焚書を断行したことでその名がよく知られている。展示会場に一歩足を踏み入れると、そこは2千年前の中国。古代中国の歴史、文化理解を深める丁寧な解説がある。展示は大きく3つに区分されている。第1は戦国時代の秦が台頭し国家統一に至るまで。第2は秦の始皇帝陵墓と兵馬俑を中心にした展示・解説。第3は秦の始皇帝以後に引き継がれたもの。

古代中国の政治・社会制度、文化は日本を含め東アジアに、直接的に重要な影響を与えてきた。西洋で言えば、古代ギリシャ、ローマに匹敵する程、歴史的・文化的重要性を備えている。2000年の時空を越えて、東アジアのことをじっくり考えていく絶好の機会である。

なお、秦の始皇帝陵墓と兵馬俑は、1987年にUNESCOの世界文化遺産に指定されている。

Bernisches Historisches Museum(BHM、ベルン歴史博物館)
Helvetiaplatz 5, 3005 Bern
Tel 031 350 77 11
E-mail : info@bhm.ch
wwww.bh.mch
www.qin.ch

開館日:火〜日曜9時〜18時、月曜 閉館