第61『グリエツィ』 2013年春号掲載

  • 2013.04.28 Sunday
  • 04:44
ローザンヌ近在で出産を予定している妊産婦さんのための母親学級 PAN-MILAR

www.pan-milar.ch/

Q. フランス語圏スイスのローザンヌを中心に、外国人の出産をサポートする講習があると聞きました。教えて下さい。

A. はい、PAN-MILAR パンミラー(PREPARATION A LA NAISSANCE POUR LES MIGRANTES A LAUSANNE ET DANS SA REGION)協会の主催する母親学級で、一回2時間で6回のコースです。

現役の助産師さんたちが講師を担当していますので、現地の出産環境・事情に精通しています。

そして、何よりも心強いのはコミュニティ通訳士が付きますので、妊産婦さんが母国語で質疑応答を簡単にできることです。

 一昨年まではLausanne市と隣接するRenens市のみで開講していたものですが、昨年からテスト形式でYverdon-les-Bainsでも始まっています。

今後VeveyやMorgesでも開講が予定されています。

助産師のEvelyne Rouletさん達の尽力で、この団体の活動が認められ、今後、ヴォー州議会から活動資金の予算が下りることが内定しているそうです。

昨年の活動報告書によると100名の妊産婦さんが参加しました。

案内チラシは10数カ国語に翻訳され、町の産婦人科医や大学病院付属産院を通じて宣伝しています。

アットホームな雰囲気の講義で、外国人の妊産婦さんたちにはとても好評で、安心して出産に臨めるようです。

 この講習の通訳は、ローザンヌに20年前に設立された外国人支援センター、アパルトナンス(www.appartenances.ch/)協会でコミュニティ通訳士の養成を受けた人たちが担当しています。

約100名の通訳士が登録されています。

 日本語通訳はローザンヌ在住のマイヒトリーめぐみさんが担当しています。

めぐみさんは、2年前からパンミラーの会長でもあり、同会の活動のためにアクティヴに取り組んでいます。
 
 パンミラーのホームページ www.pan-milar.ch/ で、通訳士がそれぞれの母国語で紹介するビデオをご覧になれます。

日本語は下記サイトです。
www.pan-milar.ch/?page_id=354

 興味・関心のある方は、マイヒトリーめぐみさんにお問い合せください。
 Tel : 021 729 80 35
 E-mail : megumi.meichtry@citycable.ch