<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

フクシマ・映画の夕べ(Fukushima Film-night)

0
    ◆フクシマ・映画の夕べ(Fukushima Film-night)


    日時:2015年3月11日(水)19時30分開始
    会場:Rote Fabrik Zuerich
       Seestrasse 395, 8038 Zuerich
       www.rotefabrik.ch

    上映映画:Shu Kyungsik – Reflecting about Fukushima
    映画監督Shu Kyungsik氏が出席し、報告をします。

    日時:2015年3月12日(木)17時開始
    会場:Rote Fabrik Zuerich

    上映映画:17時〜「A Woman from Fukushima」
         19時30分 My Atomic Aunt (Meine Tante aus Fukushima)

    討論:21時15分〜福島原発事故から4年目を迎える日本

    日時:2015年3月16日(月)20時開始
    会場:Lichtspiel Bern
       Sandrainstrasse 3, 3007 Bern
       www.lichtspiel.ch

    上映映画:20時〜My Atomic Aunt

    討論:21時30分〜ヨウ素 ─ 防護か ごまかしか ─

    会場では、福島県二本松市の詩人、荒尾駿介さんの詩とファビアンの写した福島をテーマにした写真のパネル展示が行われます。
    grueezi * 東日本大震災・福島第一原発事故 被災地・被災者支援 * 04:50 * - * - * -

    Photographes pour le Japon 「日本のために」写真展

    0
      期間:2013年2月1日〜16日

      毎日開館15〜18時

      会場:Musee de l’Hotel-Dieu、Porrentruy/JURA
      (ジュラ州ポラントリュイ市・旧病院博物館)地下
      Musee de l’Hotel-Dieu
      Grand-Rue 5
      2900 Porrentruy (Suisse)
      Tel. ++41 32 466 72 72
      E-mail: info@mhdp.ch
      www.mhdp.ch/

      日本語でのお問い合わせ:マルキ明子
      akiko-marquis@bluewin.ch

      なお、売り上げは「日本のために」協会を通して、「もも・かき育英会」に寄付されます。
      http://momokaki.org/index.html

       2011年3月11日の東日本大震災を目の当たりにし、フランス語圏の写真家グループ「日本のために」が被災者支援を目的に写真集を出版しました。同グループは非政治的なNPOで、被災者のために義援金を集め、確実に再分配することを唯一の目的としています。現在、東日本大震災遺児育英基金「もも・かき育英会」に寄付を送り続けています。

       同写真展は、フランスのベルフォール、ブザンソン、パリなどすでに行われてきましたが、写真家グループ代表のマリー・フリゾさん、ジュラ出身で沖縄在住の写真家ダニエル・ロペスさん、ポラントリュイ在住のマルキ明子さんが相談し、ポラントリュイ市に働きかけて実現の運びとなったものです。
      grueezi * 東日本大震災・福島第一原発事故 被災地・被災者支援 * 05:17 * - * - * -

      東北の子供たち支援スイスグループからの呼びかけ

      0
        皆さん、こんにちは? 私たちは、東北の子供たち支援スイスグループとして立ち上がりました。

        細々ながら、津被災地の子供たちのための募金を続けています。
        4〜5カ月ごとに5万円程、そしてバザーなどでの大きな収入を仙台の佐々木さん(サッカーで日本でも有名なベガルダ仙台のファンクラブ代表)を通じて、現地の子供たちを直接支援しています。子供たちの希望に沿って、雨傘、雨合羽、ランドセル、色鉛筆、水着などをプレゼントをしています。

        「皆に忘れ去られるのが怖い」という佐々木さんの話を受けて、継続して支援を続けています。

        ベルン日本人会バザー(5月末予定)に参加し、支援の募金を集める予定です。
        お宅に残っている日本の物で、使っていないものをご提供ください。

        昨年、一昨年のバザーでは、ベルンの有志8名の努力で多大が成果がありました。
        ご提供いただくものは、なんでも構いませんが、過去の経験では着物、塗り物、古本などに人気が集まりました。

        時間を掛けてじっくりと準備できるように、今から開始します。
        みなさん、是非ともご協力ください。

        品物の送付先:
        Toshiko Weber
        Sonneggstrasse 14, 3185 Schmitten/FR
        toshi@bluewin.ch

        (注)大きなものはBaeni-Takai Yumikoにご連絡下さい。
        必ずメールアドレスもご記入下さい。

        Baeni-Takai Yumiko
        St.Ulrichweg 15
        4802 Strengelbach

        Tel/Fax:062 752 22 03
        baeni-takai@ swissonline.ch

        ベルンのバザーの日程は、決まり次第、品物を提供頂いた方々にお知らせします。
        是非バザー会場でお目にか掛かりましょう。
        grueezi * 東日本大震災・福島第一原発事故 被災地・被災者支援 * 05:05 * - * - * -

        遠野被災地支援ボランティアネットワーク遠野まごころネット

        0
          遠野被災地支援ボランティアネットワーク遠野まごころネット

          「遠野まごころネット」は、東日本大震災の被災者支援の活動を持続的に継続しているボランティア団体ですが、特に東北三陸沿岸へのアクセスがしやすい位置にあり、震災後、早くから支援の拠点となってきました。

          その中心になって活動しているのが「遠野まごころネット」です。

          「遠野まごころネット」では、昨年末にも「サンタが100人やってきた!」プロジェクトを実施しました。そして、そこで集まった寄付の余剰金は「まごころサンタ基金」として奨学金に使われます。

          復興がなかなか進まない中、若者たちへの奨学金は大切な援助になっています。

          「まごころサンタ基金」については、下記サイトをご覧下さい。
          http://tonomagokoro.net/santakikin
          grueezi * 東日本大震災・福島第一原発事故 被災地・被災者支援 * 05:01 * - * - * -
          このページの先頭へ